まさか

例文

まさか今日きょうのテストでこの問題もんだいが出るとはかんがえていなかった。

まさかわたしいえ泥棒どろぼうはいるとはおもっていなかった。

まさかわたしが10年後ねんごにこの仕事しごとをしているとはかんがえなかった。

まさかあの映画えいが新作しんさくるとはおもわなかった!

まさかこんな街中まちなかに、本物ほんものくまるとはだれおもわなかった。

あなた、まさか本当ほんとうかれにそのことをはなしたの?

今日きょうはずっといい天気てんきだったんだ。まさかこんな大雨おおあめになるとはおもわなかったよ。

あなた、まさかその野菜やさいぬすんだんじゃないでしょうね?

どうしてそんなにきゅうにお金持かねもちになったの?まさかたからくじでもたったの?

まさか彼女かのじょがあんな大発見だいはっけんををするなんて、だれかんがえていなかった。

あなた、まさかわたしがそんなひどいおんなだとおもってたの?

会話例文

A「このクラスの中に犯人はんにんがいると思う。」

B「まさか、クラスメートのだれかが田中さんの財布さいふぬすんだんですか?」

A「おはよう。ちゃんと勉強べんきょうした?」

B「え、まさか、今日テストがある?」

A「あれ?パソコンがうごかなくなっちゃった。」

B「え、まさかこわした?」

A「あ、久しぶり!えーと…。」

B「まさか、私の名前をわすれちゃった?」

A「かれ来月らいげつ結婚けっこんするってよ」

B「え、まさか!あのひと彼女かのじょわかれたばかりでしょ!」

A「わたし昨日きのうよるUFOユーフォーたの」

B「まさかUFOユーフォーなんて、いないだろう」

A「今日きょうは、このあとも仕事しごとをするの?」

B「まさかかえってるにまってるだろ。」

意味

意味まさかB。絶対ぜったいにBにならないとおもう。Bになったらへんです。Bになったらへんだから、なってほしくなかった。

ex.)「まさかわたし名前なまえわすれちゃった?」

わたし名前なまえわすれることはないとおもう。わすれたらへんです。)