〜んばかりだ

スポンサーリンク

例文

行きたかった大学に合格した息子は、飛び上がらんばかりに喜んでいた。

このお店の海鮮丼かいせんどんには、あふんばかりのお刺身がのっていて、とても美味しいんです。

姉の赤ちゃんはまだ話せないが、「また来てね!」と言わんばかりに手を振っていた。

友だちの財布には、はちきれんばかりに外国の小銭こぜにはいっていた。

歌手のライブが終わったあとは、割れんばかりの拍手が会場をつつんでいた。

うちの猫は、私が家に帰ると「寂しかった!」と言わんばかりに近寄ちかよってくる。

文法と意味

文法

ない → ん + ばかりの/

言わない 言わんばかりの
あふれない あふんばかりの
はちきれない はちきれんばかりの
意味

Aんばかりの

本当にAじゃないけど、まるでAしそうなぐらいです。Aぐらい程度が高いことを伝えます。

ex.)あふんばかりの刺身さしみがのったどんぶり

どんぶりから本当はあふれていないけど、あふれるくらいたくさん入っています。それぐらい程度が高いです。

スポンサーリンク

Share this with your friends

コメントを残す