たった(の)

スポンサーリンク

例文

たった2日でこの仕事を終わらせるのは無理です。

今年の夏休みはたった5日だけです。もっと休みたいですよ。

この『ミラクル・クッキング』を使えば、たった10分でおいしいケーキが作れますよ。

今日のクラスには、たった2人しか来なかった。

今月は全然お金がなくて、給料日まで、あとたった100円で生活しなければいけない。

新しく買ったパソコンは、たった(の)1日で壊れてしまった。

彼はたった一年日本語を勉強しただけで、ぺらぺらになってしまった。

(散歩中)

A「もう疲れたよ。」

B「えー。まだたった10分だよ。」

A「お腹が空いたなあ。」

B「食べたのは、たったバナナ一本でしょう。お腹が空くのは当たり前ですよ。」

(ボッタクリバーで)

店員「お会計は5万円です。」

B「うそでしょう!ビールをたった一本飲んだだけだよ!」

(会社で)

A「社長いますか?」

B「社長は、たった今、家に帰ったところです。」

A「そのカバン、いいですね。」

B「ありがとう。実はこれ、たった(の)1000円だったんです。」

意味

意味:たった(の)A

少なさを強調します。Aはとても少ない量や短い時間です。少なくてびっくりします。

ex.)a.今日のクラスには、2人しか来なかった。

b.今日のクラスには、たった2人しか来なかった。

(今日のクラスの人数は2人でした。「2人」という数はとても少ないです。)

スポンサーリンク

Share this with your friends

コメントを残す