在宅ワーク!オンライン日本語教師として、世界で活躍しよう!

突然ですが、あなたは「家から出ないでできる国際的な仕事ないかな」…と考えたことはありませんか!?笑(^^)

ここでは、私の日本語教師経験をもとに在宅ワークとしての日本語教師に興味がある方に向けて、日本語教師とはどんな仕事なのか、どうやったらなれるのかを一つずつ紹介していきますね!

日本語教師とは?

そもそも日本語教師ってなんなんでしょう??国語の先生とは違うの?と聞かれることもありますが、日本語教師と国語教師は違うんです。

ざっくり簡単に何が違うかというと、私たちのような「日本語が母語で、すでに日本語がわかる人にするのが国語教育」です。私たちは小学校、中学校に入ると国語の授業がありましたよね。あの眠くなるやつです、笑。そしてそのときすでに日本語が話せていましたよね?基本的な文法や単語などは身についている状態ではじまり、そのあとで五段活用などの文法を習ったと思います。それが国語教育です。

一方で、「日本語が母語ではない人にするのが日本語教育」です。母語が日本語ではない外国人に日本語を教えるのが一般的で、基本的な文法や単語など、1から教えたりします。

ときどき日本語学習者に「簡単だろう」と思って小学校の国語の教科書で教える人がいますが、実はこれ、単語とか文法とかめちゃめちゃ難しいんです!(T_T)最初は日本語学習者用の教材を使ったほうがいいので気をつけましょう!

どんな人に教えるの?

改めて、母語という言葉ですが、母語というのは生まれてから最初に習得する言語のことで、第一言語とも言われます。必ずしも母語と母国語が一致するわけではないので、区別することが多いですね!

母語が英語や中国語、韓国語などの人たちで、第二言語(や第三言語)として日本語を勉強しようと思っている人が日本や世界にはたくさんいます。

彼らを日本語学習者と言いますが、日本語学習者に対して、日本語を教えるのが日本語教師です。

さて、日本語を勉強している人って、どんな人を想像しますか??

人によっては、日本で仕事をする外国人ビジネスマンや、研究のため留学に来ている外国人大学生をイメージする人もいるかもしれません。しかし、日本語を学ぼうと思う人の動機や環境は様々です。例えば、以下のような例もあります。

例1 )3年前に日本人男性と結婚して日本に住み始めたけど、日本語がわからなくて困っているフィリピン人女性。普段は英語が話せる夫しか話し相手がおらず、地域で孤立していると感じている。日本語を勉強しなければいけないと思って、地域の日本語教室に通い始めた。

 

例2 )出稼ぎのためにきたブラジル人家族。子供は小学校に通っているから日本語が上手になってきたけど、自分は工場での肉体労働が多く、日本語を話す機会も少なく、なかなか上手にならない。子供が通っている小学校からの案内なども読むことができない。最近、スカイプでできる日本語のプライベートレッスンを受け始めた。

 

例3)中国からの留学生。日本の大学で勉強するために、民間の日本語学校の進学コースに通っている。来年の日本語能力試験でN1(旧1級レベル)に合格することが目標。学校では読み書き中心で、毎日単語を覚えたり問題集を解いたりしている。

などなど、日本語学習の目的や背景は千差万別。それぞれ悩みや困りごとがあったりします。なので日本語教師は、日本語を教えることを通して悩みを解決する仕事なんですね。

日本語ができるようになることで、やっと地域の中に溶け込めたり、仕事が見つかったりします。なので、私は日本語教師というのは、単に日本語を教えることではなく、その人が人生の目的を達成するためのサポートをする、やりがいのある仕事だと思っています!(^^)

何を教えるの?

それじゃあ、日本語を教えましょう!となったときに何を教えればいいのでしょうか?

もちろんそれは、その人のニーズによります。日本語を教えるときは、「話す」「聞く」「書く」「読む」がバランスよくできるように指導するのが基本です。しかし、何がいまその人にとって一番必要なのか、日本語で何がしたいのか、何に困っているかなど、ニーズを考慮して、日本語を教えていく必要もあります。

全く日本語を勉強したことがない人は、ひらがな、カタカナから覚えていくのが基本ですが、「本当に簡単な会話だけできればいい」という学習者には「Arigato」「〜wa dokodeska」などローマ字を介して教えることもできますよね。

日本語能力試験に合格したい人には、そのためのサポートができますし、会話がもっと上手になりたい人には会話のサポートができると思います。

students-998989_640

日本語教師の需要は?

日本では2020年に東京オリンピックが控えていることもあり、訪日外国人数は今後もどんどん増えていくことが予想されます。街で外国人を見ることが多くなったと思いませんか?(^^)

また、SNSの広がりで日本の情報も世界中に広がっています。それに伴い、日本や日本語に興味を持ち、日本語を学びたいと思う人も増えてきています。個人的には、今後もますます日本語を教える人が必要とされていくと思います!

日本語の文法って?

じゃあ、私も日本人だし、日本語が母語だから教えられるかな?と思う人もいると思います。

もちろん教えられます!もちろん教えられるのですが…正しい文法や語彙の知識、教え方などを知っているとより効率的に、お互いに楽しく学ぶことができます(^^)

例えば、日本語を勉強している学習者にこんなことを聞かれるかもしれません。↓

例1 )「雨が降りそう」と「雨が降るそう」は同じですか?

例2 )「帰る」は「帰ってください」になりますよね。でも、どうして「寝る」は「寝ってください」じゃないのですか。

多くの日本人は無意識でも文法的に正しく話せますが、自分がどんな文法のルールの下に話しているかは普段あまり意識しないでしょう。

なので、急にこういった日本語の文法の質問が来ると、「うーん、そういうものだから、覚えてくださいね。(汗」と言ってしまうこともあるでしょう。しかし、もしあなたに文法の知識があれば、なぜそうなるのかを説明できるようになります。そして、学習者の日本語のレベルをより効率よく底上げすることも可能です!

ぜひ一度日本語学習者向けの教科書を覗いてみてください。「外国人がどのように日本語の文法をとらえているのか」を知ると、「ふだん何気なく使っている日本語には、こんなルールがあったのか!」「自分はこんな複雑なことを無意識にできているのか!すごい!」ときっと驚くはずです、笑。

私も日本語を教えてもいいの?

さて、じゃあ私も日本語を教えてみたいかも!と思ったら、どうすればいいのでしょう。

まず、日本語を教えるのに免許は必要ありません。免許というのは、基本的にそれがないと仕事をしてはいけない職業に与えられます。たとえば、医師免許です。医師免許がない人は、もちろん医療行為をしてはいけませんよね。車の免許がない人も、車の運転をしてはいけません。しかし、日本語教師にはそういった免許はありません。

じゃあ、誰でも日本語を教えていいのでしょうか?

はい、いいんです!もし近所で日本語で困っている人がいれば、声をかけて助けてあげましょう。きっと喜びますよ(^^)

他にも地域の日本語教室などにも参加してみてください。日本語の勉強を頑張っている学習者がたくさんいますので、ぜひ彼らの支援をしてあげましょう。日本で寂しい思いをしている人も多いので、話し相手になってあげるだけでとても喜ばれますよ♪

日本語を教える男性

仕事として日本語教師をするには?

日本語教師を仕事として行う場合、学校などの教育機関に勤めたり、また個人で教えたりすることができます。その場合は持っておいたほうがいい資格があります。免許ではありませんが、以下の資格を持っていると、「この先生は、日本語教育の基本的な知識がある人だ」「学校でしっかり練習してきた人だな!」などと評価をしてもらえます。

日本語教師の有資格者になるには、以下の方法があります。

  1. 日本語教育能力検定試験に合格する
  2. 大学、もしくは大学院で日本語教育を学ぶ
  3. 文化庁が認定した養成講座などで420時間以上の教育を受ける(かつ4年制大学を卒業している)

これらを1つでも満たしていれば日本語の有資格者になることができるんです!

有資格者になると、個人で教える際に、資格がない人との差別化ができます。それに、日本語学校などの教育機関で働く際には、これらの資格を求められることが多いです。どれか1つでも満たしていれば有資格者なのですが、複数満たしているとさらにアピールポイントになるでしょう。

どうやってその資格をとったらいいの?

上記の通り、日本語教師の有資格者になるには、以下の3つがあります。
  1. 日本語教育能力検定試験に合格する
  2. 大学、もしくは大学院で日本語教育を学ぶ
  3. 文化庁が認定した養成講座などで420時間以上の教育を受ける(かつ4年制大学を卒業している)
これらはどんな資格で、どうやったらとれるのでしょうか?

1. 日本語教育能力検定試験

学校に通わずに独学で取れる資格が、この日本語教育能力検定試験です。これはJEES(日本国際教育支援協会)という公益財団法人が実施している試験です。年に一回試験があり、受験資格はありません。なので、誰でも挑戦をすることができるんです!申し込みをして、筆記試験に合格すれば有資格者になれるので、一番お金がかからない方法だと言えます。しかし、合格率は毎年20%ほどで、しっかり準備をしていかないと合格することは難しいと言われています。私もこの試験には合格しましたが。1度目の受験は準備不足で不合格…。2度目の試験で無事合格をしました(^^;)
2019年度の試験について(JEESウェブサイトより)
出願期間
2019年6月24日(月)から 8月13日(火)まで(当日消印有効)(予定)
試験日
2019年10月27日(日)9:00~16:40
受験料10,800円(税込)(予定)
試験地札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、広島、福岡
合否結果通知の発送
2019年12月20日(金)(予定)

2. 大学、もしくは大学院で日本語教育を学ぶ

これから大学に入る方や、大学院に入る方はこの方法があります。大学や大学院で日本語学を主専攻もしくは副専攻として学ぶことで資格を得ることができます。日本で日本語学や日本語教育学を学ぶことができる大学もたくさんあります。文学部や国際関係、語学系の学部で日本語教員養成コースを開講していることが多いです。副専攻として学ぶことでも資格になりますので、将来日本語教師を考えている学生の方であれば、学生のうちに資格を持っておくといいでしょう。

3. 420時間の養成講座を修了する

独学では難しいと感じている方、これから大学や大学院に入るのは難しいと感じている方も多いと思います。その場合、文化庁が認定した日本語教師養成講座を受講し、修了することでも有資格者になることができます。コースでは420時間(以上)のカリキュラムが定められていて、理論と実技を学ぶことができます。最短で6ヶ月で卒業できるところが多く、また実習として教壇に立つ経験を積むこともできます。人前で教えることに不安がある場合は模擬授業を通して慣れることもできますし、一緒に勉強する仲間もできます。費用は入学金を含めて50万円〜という学校が多いです。

どこで仕事を探すの?

さて、日本語を仕事として教えようと思ったら、日本語の仕事はどうやって探せばいいのでしょうか?実はそういった仕事を集めて掲載しているサイトが色々あります。大きくはクラスで教える場合と、個人で教える場合があります。クラスだと数人から数十人の前で教えることもあります。世界中から様々な人が集まっているクラスもありますし、全員中国人などのクラスもあります。クラス授業だと直接法と言って、すべて日本語で行う場合が多いです。個人だと基本的にマンツーマンになります。もし英語や中国語など、その人の母語が少し話すことができればアドバンテージになるでしょう。日本語教師の仕事は、以下のサイトなどで探すことができます。

クラスで教えるなら

個人で教えるなら

最近の傾向として、こういった「学びたい人」と「教えたい人」のマッチングサービスが多くなってきています。いまは学校に所属しなくても、ネットを通じて家にいながら日本語を教えてお金を得ることもできるんですね(^^)個人だと授業料を決めるのも自分になります。1時間1000円〜3000円以上で教えている方もいますね。ここは経験や資格で差別化できるところです。日本語以外の外国語ができると初級の人にも教えやすくなりますね。また、まんがを使って教えるのもニーズがあると思います。どうやって、何を教えるかは自由なので、人気の出そうなコースを考えてみましょう♪

どの資格がオススメ?

さて、上に書いたように、日本語教師の資格は大きく3種類あります。自分の目標とする姿や、かけられる時間、費用などによって異なりますが、日本語学校などで教壇に立ち、クラスで教えるのであれば、実習がある420時間の養成講座がオススメです。

やはり自分の話し方のフィードバックをもらったり、模擬授業ができるのは大きなメリットです。ただ、420時間コースは「4年制大学を卒業していること」という条件があるので気をつけましょう。また、費用もある程度(50万円〜)かかってしまうので、予算との相談にもなります。

一方で、クラスではなく個人で教えたい場合は必ずしも420時間の養成講座は必要ないと思います。もちろん養成講座ではクラス運営も含めて多くのことが学べますが、それはSkypeで個人で教えるのに必ずしも役に立つものばかりではありません。費用や手軽さの面では通信講座の検定合格がちょうどいいという場合もあります。自分にあった方法で、有資格者を目指しましょう(^^)

比較表

 通信講座420時間養成講座
費用◎ :10万〜△ : 50万〜
手軽さ◎ :どこででも◯ : 通学が必要
実践的△ : 実習なし◎ : 実習あり

日本語教師のお金

ここでちょっと私の話を挟むと、私は以前中国の学校でクラス授業をしていました。まじめな学生も多く、楽しかったですし、日本語を教えるスキルも上がりとってもいい経験した。しかし、当時はフルタイムで働いても日本円で4万円ぐらいしかもらってなかったのも事実です、笑。

しかし、ここ数年でネット環境も変わり、世界中の人とネットで自由につながれるようになりました。おかげで、個人で家にいながら世界中の人に日本語を教えることが可能になりました。1時間2000円〜3000円で教えることも可能です。

授業料も自分で決められますし、相手も選べます。やる気のない学生の対応も必要もないので、これは日本語教師にはすごくいい環境になったなあと、近年の変化を感じます(^^)

通信講座が色々あって選べない…

さて、通学の養成講座コースより比較的手軽な通信講座ですが、やはり色々と種類があるので、迷ってしまいますよね(^^;)

長く通信講座を提供している、大手3つに絞って費用などを比較をしてみました。

 NAFL日本語教師養成プログラムたのまな(ヒューマンアカデミー)ユーキャン日本語講師養成講座
費用¥139,800¥141,000〜(eラーニングコース)¥59,000
教材の特徴テキスト24冊、CD7枚、DVD1枚などテキストが多い講義DVD&音声CD19巻など、動画が多いポイントを絞り、量は少なく
 オンラインサポート受講生専用サイト(進捗進捗管理やテスト、学習相談など)e-ラーニング (講義動画、学習進捗管理、確認テストなど)受講生専用サイト(学習進捗管理、webテスト、解説動画、メールなど)
実績合格率57.4%(平均の2.5倍)2,363名合格記載なし
標準学習期間記載なし6ヶ月8ヶ月
分割払い
おすすめポイントテキスト中心に進めたい人にオススメDVD中心にに進めたい人にオススメ費用重視の人におすすめ

3つの中だと、やはりNAFL日本語教師養成プログラムはボリュームがすごいですね(^^;)これがコツコツ進められれば合格は大丈夫でしょう。たのまなのほうはDVDの動画講義がたくさんあるので、テキスト読んでると眠くなってしまう人にいいかもしれません、笑。

まとめ

さて、日本語教師の紹介と資格についてお話してきました。

いまは日本語教師もオンラインでできるようになってきているので、「空いた時間に1時間教える」なんてことができるようになってきました!

在宅ワークの1つとして、あなたも日本語教師として日本語を教えてみませんか?自分も楽しく、そして相手も楽しい授業ができるように、応援しています!(^^)

広告

タイトルとURLをコピーしました