〜をおいて【JLPT N1 Grammar】

例文

次のプロジェクトを任せられるのは、君をおいてほかにいないんだ。頼むよ。

過去から学び、自分の能力を高める方法は、読書をおいてほかにない。

徳川家康をおいて、日本の歴史を語る事はできない。

私が心からリラックスできる時間。それは、音楽を聞いている時間をおいてほかない。

他の何をおいても、まず彼女を大事にすること。これが私にとって一番大事だ。

 

次に社長になるのは、あの人をおいて他に考えられない。

朝ごはんにふさわしいのは、ご飯と納豆をおいてほかにない。

食べ物の歴史を詳細に、かつ、わかりやすく書いている本は、この本をおいて他にないだろう。

うちの学校で一番歴史に詳しい人は、山田さんをおいてほかにいない。

未来を作っていくのは、今の若者をおいて他ない。

文法と意味

文法

N + をおいて

意味

話者が他と比べてそれを高く評価している