~のに

スポンサーリンク

例文れいぶん

日本にほんいるのに日本語にほんごをあまり使つかいません。

あのひと日本人にほんじんのに全然ぜんぜん漢字かんじけないそうです。

いえからかさってきたのに電車でんしゃなかわすれてきてしまいました。

今朝けさたくさんべたのにもうおなかいてきました。

天気てんき予報よほうれるとったのにあさからずっとあめです。

ボタンをしたのに、スイッチがはいりません。

くすりんだのに全然ぜんぜんくなりません。

この料理りょうりは、砂糖さとうれていないのにあまい。

まどけたのに、まだあつい。

あさ弁当べんとうつくったのにってくるのわすれてちゃった。

この時計とけいは、まだあたしいのに、もうこわれてしまった。

ねむのにまだ勉強べんきょうしてるの?もうたらどう?

あのくるまふるのに、まだよくはしる。

あののことをわすれたいのにいまでもわすれられない。

あのひと日本語にほんご上手じょうずのに全然ぜんぜんはなさない。

あのひとのことがきなのに上手じょうず気持きもちをつたえられない。

もう9時くじのに、まだ先生せんせいません。

あのねこカフェは、ねこカフェなのにねこがあまりいないそうだ。

あのおじいさんは、100歳ひゃくさいのにまだまだ元気げんきだ。

12時じゅうにじのにまだきてるの?

このポテトチップスは、トマトあじのに、トマトのあじがあまりしない。

あのキャラクターはんだはずなのに最後さいごのシーンでまたてきた。

4月しがつのに、まだコタツを使つかってるの?

意味

although; even though

スポンサーリンク

Share this with your friends

コメントを残す