~はおろか

スポンサーリンク

例文

足を骨折こっせつしてしまって走ることはおろか、歩くこともできない。

山で遭難そうなんして1週間がった。食料しょくりょうはおろか、もう水さえのこってはいない。

納豆なっとう苦手にがてなので、食べることはおろかにおいをぐこともしたくない。

この本棚ほんだなおもすぎて、持ち上げることはおろかうごかすこともできない。

彼はまだ漢字はおろか、ひらがなも覚えていません。

彼にはテニスでつことはおろか、点を取ることもできませんでした。

課長かちょうにはさからうことはおろか意見いけんを言うこともゆるされません。

この道は通行つうこう禁止きんしされています。車はおろか、人も通ることができません。

ビザを持っていなければ滞在たいざいすることはおろか入国にゅうこくすることもできません。

けんか中の彼女とは、仲直なかなおりすることはおろか、話し合いの機会きかいさえも作れない。

私は、海外旅行はおろか北海道ほっかいどうから出たことがありません。

あの人とは、話したことはおろか、会ったこともありません。

明日の会議はとても重要なので欠席けっせきすることはおろか遅刻ちこくゆるされません。

出張中しゅっちょうちゅうは忙しくて、観光かんこうはおろか、お土産みやげを買うことさえできなかった。

友だちのねこには、さわることはおろか、近づくこともゆるされなかった。

文法と意味

接続

N+はおろか

漢字 → 漢字はおろか

意味:N1はおろか、N2。

N1はもちろんだめです。できません。N1がダメなのは言う必要がないくらい当たり前なんですが、実はN2もだめなんです。N2のほうがしやすいのに。

N1(程度が高い/難しい)はおろかN2(程度が低い/簡単)もない。

だから、全然ダメです。

スポンサーリンク

Share this with your friends

コメントを残す