副詞(adverbs)

副詞(adverbs)

なるべく

例文 うちのアパートは壁が薄いから、夜はなるべく大きい音を出さないようにしています。ミーティングは、なるべく早い時間に初めてもらいたいです。バイトのシフトは、なるべく土曜日には入れないでほしいです。朝ご飯は、なるべ...
副詞(adverbs)

少しずつ

例文 一人暮らしを始めてから、料理が少しずつ上手になってきました。来年の試験に合格するために、毎日少しずつ勉強をしています。渋滞のせいで、バスが少しずつしか進みません。トイレに行きたいのに。新しい部屋に引っ越したの...
副詞(adverbs)

生憎(あいにく)

例文 今日は公園でバーベキューをするつもりだったけど、あいにく雨が降ってきてしまった。昨日は友人の結婚式だったが、あいにく大事な出張と重なって参加できなかった。今日の結婚式は生憎の雨でしたが、おめでたいことに変わりはありま...
副詞(adverbs)

遂に(ついに)

1年間をかけて書いてきた卒業論文そつぎょうろんぶんを、今日ついに書き上げた。全然結婚する気がなかった兄が、ついに結婚してくれて嬉しい。Aさんが先生に対たいして失礼しつれいな態度たいどをとっていたので、あの優しい先生もついに怒...
副詞(adverbs)

何れ(いずれ)

いまは日本で働いていますが、いずれは国に帰ろうと思っています。うちの子供も、いずれ大人になり、結婚して家族を持つようになるだろう。グローバル化に対応しなければ、うちのような小さい会社はいずれ潰つぶれてしまうだろう。い...
副詞(adverbs)

くれぐれも(呉々も)

社長には、くれぐれも宜よろしくお伝えください。寒くなってきましたので、くれぐれもご自愛じあいください。まだ風邪がちゃんと治ってないのですから、くれぐれも無理をなさらないでくださいね。だいぶ暗くなりましたので、くれぐれ...
副詞(adverbs)

しっかり

例文 ポスターは落おちないように、しっかり貼はってください。たくさん人ひとがいますから、お子こさんの手てをしっかり握にぎっていてくださいね。二人ふたりの子こどもは、しっかり抱だき合あって眠ねむっていた。外はずれない...
副詞(adverbs)

余程(よほど/よっぽど)

例文 よほど(1) あの少女しょうじょはショックでしゃべれなくなってしまった。あの事故じこがよほど怖こわかったんだろう。いつも静しずかな彼があんなに怒おこるなんて、よほど嫌いやなことを言われたんだろう。彼がこんなに上手な...
副詞(adverbs)

元々(もともと)

例文 この小説しょうせつは、もともとは作者さくしゃが娘むすめのために書いたものでした。僕たちは、もともとはバンドをやってたんだけど、その後いっしょに会社かいしゃを始はじめたんです。あのアイドルは、もともとは太ふとっていたん...
副詞(adverbs)

いちばん(ichi ban)【JLPT N5 Grammar】

例文 彼女かのじょは、クラスの中なかでいちばん背せが高たかいです。私わたしは季節きせつの中なかで、冬ふゆがいちばん好すきです。このゲームは、いちばんおもしろいと思おもいます。いちばん前まえに座すわっているのが田中た...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました