N(名詞) +

文法

〜として(toshite)【JLPT N3の文法 Grammar】

例文 彼のことは、先輩としてというより、男として尊敬している。私は夫として、そして父として、この家族を大切にしていく。参考文献として、この本も追加しておきたい。あの試合でのゴールは、日本人としてとても嬉しかった。3年前に選手...
文法

〜だけしか(dake shika)【JLPT N3の文法 Grammar】

例文 今日は漢字の練習だけしか、宿題ができなかった。僕と君だけしかない世界があったら嬉しいな。飲み会に行っても、話してばかりで1杯だけしか飲めなかった。出張では、1時間だけしか京都にいられなかった。ライブに...
文法

〜わけがない(wake ga nai)【JLPT N3の文法 Grammar】

壊こわ例文 彼がそんな早い時間に起きられるわけがない。いつも寝坊ねぼうしているんだから。 あんなにかっこいい人が、モテないわけがない。彼女がいるはずだ。 こんな安いものがいいもののわけがない。すぐ壊こわれてしまうだろう。 あいつの作ったケー...
文法

〜やら〜やら(yara yara)【JLPT N2の文法 Grammar】

例文友達が遊びに来るときは、いつもおかしやらお茶やらをたくさん買ってきてくれる。地震のせいで、玄関にあった写真たてやら花瓶やらが倒れている。友達は、私が困っている時にいつも助けてくれる。申し訳ないやらありがたいやらで、いつも感謝して...
文法

〜からこそ(kara koso)【JLPT N3の文法 Grammar】

例文 私は、あなたのことを大切に思っているからこそ、本当のことを言うのです。彼がいたからこそ、私たちのチームは上手くいっていた。あのときの辛い経験があったからこそ、今の私がいるんだと思う。息子には幸せになってほしい...
文法

〜をもって(wo motte)【JLPT N1の文法 Grammar】

例文 このゲームは、8月31日をもって、サービスを終了いたします。4月をもって、退職することになりました。皆様にはお世話になりました。12月31日をもって、当店は閉店することとなりました。長い間ありがとうございました。 ...
文法

〜といったところだ(to itta tokoro da)【JLPT N1の文法 Grammar】

例文 明日のイベントには、人が集まらなそうだ。来ても10人といったところだ。あの先生の授業は進みが遅い。進んでも1日に教科書2ページといったところだ。今のアルバイトでは、時給は少し上がったが、1時間1000円といったところ...
文法

〜にとどまらず(ni todomarazu)【JLPT N1の文法 Grammar】

例文 この芸能人の動画は、国内にとどまらず、世界中の人に見られるようになった。今人気のドラマは、通常のドラマ好きにとどまらず、新しいファンも獲得している。彼は日本にとどまらず、世界で活躍するダンサーです。このボラン...
文法

〜をおいて(wo oite)【JLPT N1の文法 Grammar】

例文 次のプロジェクトを任せられるのは、君をおいてほかにいないんだ。頼むよ。過去から学び、自分の能力を高める方法は、読書をおいてほかにない。徳川家康をおいて、日本の歴史を語る事はできない。私が心からリラックスできる...
文法

であれ / であろうと(de are, de arouto)【JLPT N1の文法 Grammar】

例文 理由がなんであろうと、うそをつかれたのは悲しい。犯人が誰であれ、どこにいようと、必ず私が捕まえる。小規模であれ、なんであれ、退職する人にパーティーを開いてあげたい。彼は、それが敵であろうと、味方であろうと、頭...
タイトルとURLをコピーしました